産後ダイエットはどんな方法が効果的なの?

過度なダイエットはNG

出産は女性にとって大きな仕事であり、出産後も赤ちゃんのために母乳を作らなければいけないため多くの脂肪を身体にため込んでしまいます。特にお腹回りや下半身を中心に脂肪がつきやすくなってしまいます。しかし産後はママにとっては身体がまだ本調子ではない時期ですし、赤ちゃんを母乳で育てていると、ママの食べている食事が赤ちゃんの命の元である母乳にまで影響を与えてしまいますので、過度な食事制限を行うダイエットは向いていない時期だといえます。

運動よりも食事でダイエット

出産後は生活がガラッと変わってしまうため、運動を行うような時間を作ることができなかったり、体調によっては運動自体が行えないということもあるでしょう。運動によるダイエットを行うなら、産後1カ月以上経過して身体が回復し、医師から産後の経過が順調だ、という診断を受けてからの方が良いでしょう。そのため、産後まもなくダイエットを始めたいという場合には、食事制限が有効だといわれています。その方法とは、高タンパク低カロリーの和食中心の食事を行うという方法です。産後に母乳育児を行っていると、それだけで1日に600キロカロリーは消費するといわれています。高タンパク低カロリーの和食を中心にした食事にすると、余計な脂肪分を摂取することもありませんので、痩せやすくなります。

骨盤矯正を行うのも有効

出産後の女性の骨盤は歪んでしまっているため、そのまま放置しておくと下半身に脂肪がつきやすい身体になってしまうといわれています。そのため、産後ダイエットとして骨盤の歪みを整える骨盤矯正を行うことで、出産前からの歪みを矯正して痩せやすい身体を作ることも不可能ではありません。

産後ダイエットはホルモンの都合で最初の半年が重要。母乳育児であれば大きなカロリー消費になります。他には骨盤ベルト、赤ちゃんと楽しむエクササイズやヨガ。半年以降は母子でのスイミングなどもお勧めです。